稼げる仕事といえばナイトワークでしょ! 

夜道を歩く女性

女性が稼げる仕事といえば、水商売を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
近年キャバ嬢がテレビやSNSで注目されています。中には男性だけでなく、女性からも憧れの存在として人気を集めている人も。

実は、ナイトワークの職業はキャバクラだけではありません。
ガールズバーから高級クラブまでと、さまざまな働き場所が増えてきています。
収入も、飲食店やコンビニより高い給与で働ける場所ばかりです。
中には副業として働いていて、「週2日しか出勤していないけど5万は稼げる」という人もいます。

「副業で効率よく稼げる場所がいい」と考えている人には、ナイトワークをおすすめします!

夜のお仕事にも種類はたくさんある

女性というアドバンテージを活かして働く仕事といえば、キャバクラ。
その他にも高級クラブやラウンジ、ガールズバーなどがあります。それぞれ働き方や収入が違います。
さっそく詳しくチェックしていきましょう。

ナイトワーク代表!キャバクラとは

キャバクラは、男性客の隣に座って話をしたりお酒を作ったりする仕事です。
客との距離も近く、女性がお酒を飲む回数が多いため「お酒が大好き」という人にピッタリの職業。

売れっ子だと月に50万円以上はザラですが、副業として始めるのであれば5~10万円が相場です。
月にお小遣いが5万円増えると、ショッピングで買える物の幅が広がります。

席に着くだけで収入ゲット?高級クラブ

キャバクラより客層と収入がワンランクアップするのが、高級クラブ。
男性客は、席に着くだけでチャージ料5万円かかるのが当たり前です。そのためリッチな客が来店します。
さらに女性が席に着く際には、別途料金扱いのため「座るだけで10万円」なんてことも。

客の質が高まると、会話の質をあげる必要もあります。
社会的地位の高い男性が多いので、時事問題やビジネス用語は常に興味をもってアンテナを張っておきましょう。
「とにかくコスパ重視」という方にピッタリの職業です。

都会っ子にはラウンジ

キャバクラや高級ラウンジに比べて、ラフな働き方ができるのがラウンジです。
男性とお酒を飲みながら会話をするという点ではキャバクラと一緒ですが、ノルマやペナルティは一切ありません。
出勤日数も女性が自由に決められるため、「週1~2日しか働けない」という人でもOKです。
たとえ出勤時間に遅れてしまったとしても、お咎めなし。しかし社会人として時間に遅れる前には、きちんと連絡はしておきましょう。

西麻布や六本木、銀座エリアにたくさん店舗があるため都会に住んでいる人にはうってつけの仕事です。

カウンター越しに接客!ガールズバーって?

ガールズバーは、カウンター越しにお酒を作ったり接客したりする仕事です。
キャバクラと違うのは、男性客の隣に座らなくて良いという点。
お酒も必要以上に飲む必要はないため「お酒が苦手だな」と、水商売で働くか迷っている人に最適です。

お酒を自分から進んで飲む必要はありませんが、客からお酒を奢られたらラッキー!
ガールズバーには、バック料金があります。
バック料金とは客からお酒を貰えた時、売り上げの2~3割が女性の収入になるシステムです。
「どうしてもお酒が苦手」という人は、やんわり遠慮するかソフトドリンクにしましょう。飲まないといけない」と気負いする必要はありません。